自分の内側を見てみよう

ヨガを始めたなりの頃は、ヨガのポーズについていくのに精一杯。

わかります。

合っているのかなこのポーズ。あれ?隣の人とちょっと違うかも。そんなことばかりを考えてヨガをしていました。私。

自分は自分、人は人。それに気づくまでに、まーまーな時間を費やしました。

ヨガをやって、何が一番変わったかときかれたら、たぶん 自分を客観的にみれるようになったっていうかも。私がヨガを伝えるときにいつも心がけているのは、自分の内側を感じましょうということ。

例えば、片足あげるポーズをした後に、足を下ろしてしばらく呼吸を整えながら、今の自分を感じてみましょうと声がけをよくします。足重たかったなとか、疲れたなとかね。ただ感じるだけ。そのことに良い悪いなど判断せずに感じるだけ。もちろん何も感じないこともあるかもしれない。

こういうことを何度もやっているうちに、自分のことを客観的に見れるようになったかも。仕事中でも、あ~私今日イライラしてるな~とか、今日はなんとなく気分がのらないとかね。でもそんなときもそういうことに良い悪いの判断することなく、あ~今日の私はこういう日なのねと思うことにしています。もちろん、深呼吸して心を落ち着かせる日もあるけれど、どうにもならない時もある。そういうことも受け入れることが大事なんじゃないかなと。

ヨガって本当はこういうことなんだろうなと思う。身体を動かすことも大切なんだけど、自分のことを感じるって、簡単なんだけどなかなかできてないかもしれない。だから、ヨガクラスに来ていただいた生徒さんが自分の内側を見れるようになるお手伝いができればいいなあ~